FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
セルフ・コントロール
drop-of-water-571956_1280.jpg
「人生って思い通りにいかないなぁ…」
「なんでこんな運命のもとに生まれたんだろう」

みたいな悩み(?)を抱えて、嘆いたり諦めたりしながら
日々を過ごしてる人って結構多いんじゃないかと思いますが、

潜在意識的観点でいうと、
『いいこともよくないこともすべてひっくるめて
自分の計算通りですからぁ~~~!残念!!(なつい)』
って話なんですよね。

そうなの。
なんかツライ経験をしたことで、もちろんその時はとてもしんどい。
でも、後から振り返ってみるとその経験のおかげで
まわりの人達との絆が深まった、とか
感謝の気持ちが生まれた、とか
自分が成長できて、その後の成功に繋がった!とか
よく聞きませんか?

テレビドラマや舞台でもそうです。
「昔々あるところに、ひとりのかわいい赤ちゃんが生まれました。
平凡なおうちで、優しい両親に愛されて何不自由なく育ち
勉強もそれなりにできて器量はまぁまぁ、
そこそこの会社に就職ししばらく経ったのち
学生時代からの恋人と結婚し、幸せな家庭を築き
ささやかながらも恵まれた一生を送ったすえに
最期は孫たちに囲まれて眠るように旅立ちました」

っていうストーリーだったら、興味を持って
じっくり観てもらえますかね?
(逆に需要もありそうな気はしますが)

ドラマティックなことは何も起こらず、ただ淡々と
予定を消化していくような感じで話が進む。
「ふーんそう、そりゃよござんしたねー」
ってなっちゃいませんか?

やっぱり、友達と一時はすれ違ったけどそれは誤解で
実はお互いに思いやりと熱い友情で繋がっていた話とか
片想いの彼には忘れられない思い出の彼女がいて
叶わぬ恋に苦しんでいたけど、少しずつ
心が通い合うようになって想いが通じて結ばれた話とか

そういうのを味わいたいわけですよね。

なので、人生にもそういう設定を仕込んでるのですよ。
誰が?って、そりゃあもちろん自分ね自分。

私がヒプノセラピーを学んだ谷原由美先生は
『人生は自作自演!!』といつもおっしゃっていました。

人生は、脚本・演出・美術・監督・主演*all自分の
壮大な1本の映画みたいなもんなんですって。

そしてその映画は現在も撮影中なんです。
なので、途中から主人公のスペックを上げて
急にモテモテ設定にするのも(笑)登場人物を増やすのも
撮影場所を日本から海外に移すのも
前半ひっそりした地味~な日常生活だったのに
なぜかいきなり冒険活劇が始まるのも自由!
すべてあなたのさじ加減ひとつなのでございます。

おもしろいですよね~。なんでもアリなんですよ。

ただね、残念なことにほとんどの人が
自分はそのとある映画の
脇役のひとりでしかないと思ってるんですね。
そしてその映画じたいの話もたいしたことないし
撮影もすでに終わってる、みたいな。

ノンノン!絶賛撮影中だよ!!
それに主演も脚本もアンタだよ。
なんじゃこのクソつまんねー話、って感じるとしたら
作ってるのはぜんぶオメーだよ!…ってこと。


生まれてから現在までのフィルムを再生して
客観的に観ることができたら、はたして
あなたの人生はどんなストーリーなのでしょう?
主役であるあなたは、どんな設定のキャラクターで
どこで何をしてる人物なのでしょうか?
日々何を感じ、どんなふうに生きていますか?


人には感情があります。
感情の波に飲み込まれているあいだは
起きたことを客観視する、俯瞰で観る、ということが
なかなかむずかしい。だって溺れているから。

もがきながら手当り次第に
近くにあるものをつかもうとしたり、
パニックに陥ってあばれてしまって
助けにきた人もろとも沈んだりすることもある。

もしそこで、溺れている自分を上空から見ることができたら
近くに船が通っているかもしれないし
すぐそばは足のつく浅瀬かもしれない。

重要なのは、視点を変えること。


世間では、まだまだヒプノセラピーの認知度は
あまり高いとは言えません。
ちょっと知ってる、という人もたいていは
「なんか前世が見える、とかいう胡散くさいやつでしょ?」
的な感じで、まぁ正直微妙な反応なわけですが、

ノンノン!!(2回め)ちげーんだよ!
『自我という枠を超えて
世界を俯瞰で眺めるすべを体得する』
ための方法なんだよ!!!(それだけじゃないけど)

大きく出るなら、神の視点を身につける、というかね。
スピ界隈でよく言われている
「あなた自身が神なのです」ってやつ。

ヒプノでできることって本当になんでもありで、
例にあげた前世(過去生)療法を始めとして
友達に入って自分に向けて会話をするとか
未来の世界に行ってみるとか
自分の体内のしくみを観察するとか
宇宙を旅してみるとか、
思いつく限りのことはだいたい可能なんです。

見えたものが本当なのかとか
単なる思い込みじゃないのかとか
そんなことはどうでもよくって、
そんな気がする、そうじゃないかなと感じる
その感覚を追うことが大切。
そして、イメージしたその通りに
現実も動いていきます。
脳でイメージしたことが起きるんですね。

なので、潜在意識を制するものは宇宙を手にしたも同然。
最高じゃないですか(゚∀゚≡゚∀゚)

…まぁ、長々と語りましたが、結局のところ
実際に体験してみる以上の説得力はないわけで、
この記事が「現実を良くしたい」と願っている人に
ヒプノセラピーを試してもらうきっかけになればいいなと思います。

人生をクリエイトしていきましょう

スポンサーサイト



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR